• 音まち千住の縁

アサダワタルの思考めぐり|アサダワタル「千住タウンレーベル」



千住タウンレーベルの取り組みに、

一見(一聴?)とても掴みどころのない印象を持たれるかもしれません。

「まちの生活を音で記録し、表現することの意味は?」

「そもそもこれは音楽なの?ドキュメントなの?」などなど。

ここで個人的な背景を少しばかり。

僕には、

2000年代からライブハウスやクラブなどで活動を行ってきた

ミュージシャンとしての立場、

同時にいくつかのNPOに関わりながら、

全国津々浦々の地域コミュニティに携わってきた活動家的な立場、

そして書籍やウェブなどのメディアを通じて

「表現によってできる面白い世直し」の可能性を発信する文筆家としての立場、これらがぐちゃぐちゃと混在する背景があります。

この特異な経験から僕は、以下のような思いを強くしてきました。


人と人とのつながりが希薄化したと言われるこの日本社会で。

かつ、音楽メディアの出版が産業として課題を抱えるこの日本社会で。

音楽をコミュニティの中で創造的に使いこなし、新たな縁を紡いでゆきたい。

その手立てを愚直に積み上げ、言葉にし、各地へ伝えていきたい。


ですからこの活動は、

音で、音楽で、この千住のまちに新たな縁を紡ぐ、

そのひとつのカタチとしてみなさんに楽しんでいただき、

そしてここからが大切ですが

「実際にこの音盤を使って、まちでさまざまなつながりを生み出す」ことへと、

活動を広げていきたいと考えております。

その具体的なアクションとして、

1月に千住エリア各所で「聴きめぐり千住!」を開催します。

取材から得た出会いのはじまりは、さらなる出会いへの入り口。

そのドアを一緒に開けて、千住のまちから、不思議で愉快で、

でもじんわり深い音楽的日常を世界へ広げていきませんか?


最後に、タウンレコーダーの取材に快く応じていただき、

制作にご協力くださった千住の住民の方々に、

そのほか関係各位に心から御礼を申し上げます。




18回の閲覧0件のコメント

©2018 OtomachiAdachi All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now