• 音まち千住の縁

音盤千住 Vol.1 ついにお目見え!|千住タウンレーベル



全13トラック・約40分のレコードには、千住の音が詰まっている。

2016年11月から活動を続けてきたタウンレコーダーたちは、これまで「つくる」ことに集中してきた。

自らお店と交渉してボッタの音を録ったり、まちなかで何人にもインタビューしたり、

自宅のベランダで

試行錯誤しながら周囲の音を録音してみたり。

初めて使う編集ソフトにも四苦八苦しながら、思いやこだわりをぎゅっと詰め込んで

数分ずつの音源をつくりあげた。

それがついに「音盤千住」という

レコードになった(非売品)。


「千住タウンレーベル」構想の背景にある

ディレクター・アサダワタルの頭の中は

次ページで覗いてみることにして……。




とにかく、

「音盤千住」の本領発揮はこれからだ。

この謎のレコードを

いかに使いこなすかというところに

本当の面白みがある。

タウンレコーダーたちは、

まちを素材に音で遊ぶ達人になりつつあるが、

今度はその遊びを

まちに「還して」いく。

日々の暮らしが、

「音」を通して少しだけ

色づいて感じられるような仕掛けを

たくさん考えていきたい。

千住タウンレーベルは、

今後も「つくる」試みを続けながら、

まちに「届ける」取り組み、

さらには遊び方、

楽しみ方を広げる活動を

いよいよスタートする。




音盤千住

公募で集まったタウンレコーダー(音の記者)たちが独自の関心のもと、まちを取材し、トラック(音作品)を制作した。

千住の変化にまつわる住民の思い、千住に残る芸能、市場や商店で鳴り響く商い声、変わらぬ食文化、路線が拡充してゆく鉄道の音、いずれ消えゆく場に立ち現れたかけがえのない人のつながりなど、さまざまなまちの「記憶/記録」が収録されている。

見開きのジャケットは冊子型で、テキストと音盤(LPレコード)が一体となっているのが特徴だ。初回プレスはたった100枚。

次の1年をかけて、誰とどこで聞こうか?ということをみんなで考えていく。


ディレクター:アサダワタル

アドバイザー:大城真(サウンド)、後藤寿和(デザイン)

グラフィックデザイン:Donny Grafiks

13回の閲覧0件のコメント

©2018 OtomachiAdachi All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now